お問い合わせ 084-921-0838

〒720-0825 広島県福山市沖野上町1丁目6-34

一般歯科 小児歯科 口腔外科 インプラント 審美歯科 ホワイトニング

福山市 歯医者 歯科 インプラント 審美歯科 ホワイトニング 予防歯科

小児歯科とフッ素の塗布

スタッフ募集 詳しくはこちら
料金表 詳しくはこちら
当院の庭について 詳しくはこちら

EPARK歯科
Mobile Site
HOME»  小児歯科とフッ素の塗布

小児歯科について

「子供の歯は虫歯になっても永久歯に生え変わるから、ほうっておいても大丈夫!」なんて思っていませんか?
子供の歯が健康か、正しい治療されているかは、永久歯の歯並びだけでなく、成長期の身体の発育にまで影響してきます。子供の歯が痛みだしたり腫れたりした際、治療経過が悪いのが現状です。 子供の歯は生え変わるものというのは間違いです。お子様の正常な成長発育のため、治療と同様に予防歯科も大切です。

予防歯科について詳しくはこちら

乳歯はどうせ抜けると思っていませんか?

乳歯は、一定期間使うと永久歯に生え替わります。短い期間に子供の成長において多くの大切な役割を果たしています。
乳歯の役割は大きく3つあります。

まず1つ目は「噛むこと」です。

よく噛むことは、子供の成長・発達に必要な栄養が効率よく吸収され、脳の発達にも役立つと言われています。

2つ目は、「発音」です。

たくさんの言葉を学習する幼児期は、歯が健康であることで正しくキレイな発音が可能になります。

3つ目に、「永久歯の誘導」です。

乳歯から永久歯に生え変わる時期には、乳歯の根は吸収されて次に生えてくる永久歯を誘導します。
そのため、乳歯が早期に虫歯で脱落していると不正咬合の原因になる場合があります。

このように大切な役割がある乳歯を、虫歯のまま放置しておくことは、将来の成長に大きく影響を与えてしまう可能性を秘めています。虫歯予防に努め、虫歯になってしまったら早めに当院までご相談下さい。

フッ素を塗ることで、むし歯に強い歯になります

歯の一番外側にあるエナメル層は、フッ素を取り込むことでより丈夫に硬く、むし歯になりにくくなります。
フッ素を取り込むには歯医者で行う方法とホームケアで日常的に行う方法があります。

フッ素の効果は次第に弱くなってしまいますので、定期的に塗るようにして下さい。

PAGE TOP